スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

上田西、星稜に逆転勝ちで決勝へ センバツ有力に

2020年10月18日09時00分

 第143回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は17日、富山市民球場で準決勝2試合があった。県勢で唯一勝ち上がっていた上田西(長野2位)は、星稜(石川1位)に逆転勝ちし、決勝進出を決めた。来春の選抜大会への出場に向け、大きく前進した。決勝は18日午前10時から敦賀気比(福井1位)と同球場で対戦する。

     ◇

 3点差を追う六回1死二、三塁。5番・飛鳥井洸(ひろ)(2年)が、星稜の左腕・野口練(2年)の内角高めの直球を振り抜くと、打球は左翼席に吸い込まれた。同点に追いつく2打席連続本塁打となった。

 「まず一点を返そう」と無心で振った。手応えはあったが、自分でも驚く飛距離だった。「まだ同点。油断してはいけない」と自分に言い聞かせた。

 試合前、吉崎琢朗監督が「緊張しているか」と選手に問いかけた。真っ先に手を挙げた。理由は1年前の苦い経験だ。1年生で二塁手として迎えた昨秋の北信越大会準々決勝。自らの守備のミスが決勝点につながり敗退。その後、打撃の調子を崩し、今夏の独自大会はレギュラーから外れた。それでも焦らず打撃フォームを工夫するなど練習を続けた。次第に飛距離が伸び、秋の県大会ではレギュラーの座を取り戻した。

 打席に入る前、監督からは「楽にいけ」と言われ、ふだん通りのバッティングを心がけた。試合中の緊張も楽しめるまでの心境になった。自分の持ち味は長打ではなく確実にとらえる単打。「今日の本塁打は忘れて謙虚に挑みたい」と決勝に向け意気込む。(緑川夏生)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ