スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

4強決まる 青森

2020年10月18日09時00分

 第73回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞仙台総局など後援)は17日、宮城県内で準々決勝4試合があり、4強が決まった。八戸西は花巻東(岩手)に敗れ、これで青森県勢が姿を消した。

     ◇

 互いに三者凡退を続けて迎えた二回裏、八戸西のエース福島蓮(2年)はいきなり初球をたたかれ、無死三塁のピンチに立った。

 適時二塁打と犠牲フライで、この回2失点。「甘さが出て、初回からの流れで投げてしまい、高く浮いた直球を打たれた」。この2点が最後まで重くのしかかった。

 188センチの長身から繰り出す投球はこの日もさえわたり、三回以降の被安打はわずか2。だが、これまで安打を量産して福島を援護してきた打線が、この日は七回まで無安打と鳴りをひそめた。主将の宮崎一綺(かつき)(2年)は「福島ががんばってくれたのに、打撃に生かせなかった」と悔やんだ。

 東北地区大会の戦いはここで終わったが、この2試合を投げて自信はついた。「まっすぐで押し込める投手になりたい」。冬を越えて強くなり、私立を倒して夏の甲子園のマウンドに立つと誓った。(吉備彩日)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ