スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋季近畿高校野球、17日開幕 府内3校が頂点めざす

2020年10月16日09時00分

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)が17日に開幕する。2府4県の16校がわかさスタジアム京都(京都市右京区)で対戦する。すべての試合が無観客で行われる。京都府からは龍谷大平安が17日、乙訓が24日、京都国際が18日に初戦を迎える。3校の府大会での戦いぶりを紹介する。(紙谷あかり)

 ■龍谷大平安

 強打で得点を重ね、継投で相手打線を抑えるスタイルで、府大会を制した。決勝は投手以外の全員安打。中でも辻村(1年)の打撃が好調だ。秋季近畿大会で2年ぶりの優勝を目指す。

 【秋季府高校野球大会】

〈1次戦〉

2回戦    ○8―4久御山

ブロック決勝 ○14―2北嵯峨(5回コールド)

〈2次戦〉

1回戦    ○19―0西京(5回コールド)

2回戦    ○13―3福知山成美(5回コールド)

準決勝    ○3―1京都国際

決勝     ○6―2乙訓

 ■乙訓

 府代表で唯一の公立校。3年ぶりの近畿大会に臨む。府大会では、準決勝まで相手打線を1点以内に抑えた。守備からリズムを作るチーム。市川靖久監督は「序盤の攻守が鍵」とみる。

 【秋季府高校野球大会】

〈1次戦〉

2回戦    ○10―0京都工学院(5回コールド)

ブロック決勝 ○9―0洛水(7回コールド)

〈2次戦〉

1回戦    ○9―0京都すばる(7回コールド)

2回戦    ○5―1綾部

準決勝    ○8―1東山(7回コールド)

決勝     ×2―6龍谷大平安

 ■京都国際

 府大会の3位決定戦でサヨナラ勝ちした勢いのまま近畿大会に臨む。1年生投手の平野を中心に失点を抑えてきたが、準決勝では守備が乱れた。「基本に忠実な野球」で頂点を狙う。

 【秋季府高校野球大会】

〈1次戦〉

2回戦    ○9―2京都廣学館(8回コールド)

ブロック決勝 ○10―0洛西(6回コールド)

〈2次戦〉

1回戦    ○4―0洛東

2回戦    ○11―0京都外大西(7回コールド)

準決勝    ×1―3龍谷大平安

3位決定戦  ○3―2東山

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ