スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

八戸西が快勝 秋季東北高校野球、8強出そろう

2020年10月16日09時00分

 第73回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞仙台総局など後援)は15日、宮城県内で2回戦計4試合があり、8強が出そろった。八戸学院光星は柴田(宮城)に敗れたが、八戸西は福島商に快勝。17日の準々決勝で花巻東(岩手)と対戦する。

     ◇

 5点を追う四回裏、2死二塁。「取られた分は取り返さないと」。意気込んで打席に入った八戸学院光星の横山永遠(とわ)(2年)がたたいた打球は、中堅手の頭上を越える長打になった。

 走者が生還し、自身は三塁に滑り込んだ。ベンチから歓声が沸く。主将の伊藤巧将(こうすけ)(2年)の適時打で自身も生還したが、それを最後にチームの打線は沈黙した。

 序盤から苦しい戦いになった。先発投手がいきなり3失点。二回から横山が救援したが、変化球の制球に苦しみ、暴投などでさらに2点を許した。「抑えなきゃという気持ちが先行してしまった」。六回にさらに1点を失い、降板した。

 バッテリーのバント処理のミスや野手の失策など、守備の乱れが目立つ試合だった。「周りが見えていなかった。声をかけ合うという基本がおろそかになっていた」と横山は悔やんだ。

 夏の甲子園への切符は逃したくない。「今日負けた悔しさを忘れず、冬の厳しいトレーニングに臨む」と決意を口にした。(吉備彩日)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ