スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

弘前学院聖愛は初戦敗退 秋季東北高校野球

2020年10月15日09時00分

 第73回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞仙台総局など後援)が14日、宮城県で開幕し、1、2回戦計6試合があった。青森第3代表の弘前学院聖愛は日大山形に敗れた。15日は2回戦4試合があり、青森第1代表の八戸学院光星が柴田(宮城)と、第2代表の八戸西が福島商とそれぞれ対戦する。

 ■日大山形(山形)―弘前学院聖愛(青森)

 ◎…2点を追う日大山形は四回、大類の2点本塁打で追いつくと、その後も犠飛や秋葉のソロ本塁打で着実に点を重ねて逆転勝ち。弘前学院聖愛は暴投などの隙をつく走塁で序盤はリードしたが、三回以降は追加点が奪えなかった。

     ◇

 2点を追う八回裏、2死三塁の好機。弘前学院聖愛の主将で捕手の松坂映杜(えいと、2年)に打順が回った。「自信を持っていけ」と監督から指示を受け、思い切りバットを振ったが、三振に倒れた。

 聖愛は初回に1点を挙げ、二回には松坂の右前安打などで好機をつくって2点を追加。だが、三、四回に立て続けに失点し、同点に追いつかれた。

 四回に相手打者が真上に打ち上げた球をミットからこぼしたミスが、一つのきっかけだった。「笑ってごまかそうと思ったが、気持ちが切り替えられなかった。投手にも悪い影響がいってしまった」。五回には暴投、捕逸とバッテリーのミスが続き、勝ち越しを許した。

 高校に入ってから捕手に転向した松坂を、原田一範監督は「主将も任されて、背負うものが多くて気負っていたのでは」と気遣った。目標だった選抜大会出場は遠ざかったが、「人として成長して、強くなって春夏勝てるようになります」と先を見据えた。(吉備彩日)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ