スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

日大山形、羽黒が勝利 高校野球東北大会、宮城で開幕

2020年10月15日09時00分

 第73回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞仙台総局など後援)が14日、宮城県で開幕した。1、2回戦計6試合があり、日大山形(山形1位)は弘前学院聖愛(青森3位)、羽黒(山形2位)は盛岡大付(岩手1位)を破った。鶴岡東(山形3位)は花巻東(岩手3位)に敗れた。17日の準々決勝で、日大山形は東北(宮城2位)、羽黒は仙台育英(宮城1位)と対戦する。

 ■日大山形(山形)―弘前学院聖愛(青森)

 ◎…2点を追う日大山形は四回、大類の2点本塁打で追いつくと、その後も犠飛や秋葉のソロ本塁打で着実に点を重ねて逆転勝ち。弘前学院聖愛は暴投などの隙をつく走塁で序盤はリードしたが、三回以降は追加点が奪えなかった。

 ■羽黒(山形)―盛岡大付(岩手)

 ◎…羽黒が盛岡大付との打撃戦を制した。一回2死から内野安打などで走者をため、斎藤、奥中の適時二塁打で5点を先取。その後も小刻みに加点した。盛岡大付は八回に渡辺が2点本塁打を放ち、九回にも代打南の適時打などで3点を返したが、及ばなかった。

 ■鶴岡東(山形)―花巻東(岩手)

 ◎…花巻東の投打がかみ合った。二回に平井の犠飛で先制。三回に菱川、七回には黒沢の二塁打などで加点した。投げては菱川が六回まで無安打無失点の好投。鶴岡東は七回に安藤の二塁打などで2点を返したが、終盤に3四球がからんで突き放された。

     ◇

 3点を追う七回表。この試合初めて三塁まで走者を進めた好機で、安藤悠斗主将(2年)に打席が回ってきた。初球の外角直球を振り抜いた打球は右中間を抜け、1点を返す適時二塁打となった。

 打線は六回まで無安打に封じられた。それでも、四球で出塁する場面もあったことから「焦りはなかった」と安藤主将。チーム全体で低めの球を振らないという意識を共有し、好機を待っていた。

 この回、後続にも連続安打が出て、1点差まで詰め寄った。安藤主将は「(自分の一打で)ベンチの雰囲気も良くなった」と振り返る。だが「油断が出てしまった」という直後の守りで2失点。再び3点差とされ、流れを引き寄せることができなかった。

 佐藤俊監督は「ゲッツーを狙える場面で狙わないなど、ミスが多く出てしまった。今日の負けをチームが成長していくための教材にしていきたい」と話した。

 春の県大会に向けたチーム内の競争が再び始まる冬を前に、安藤主将は「一人ひとりが春の大会に出場するという強い気持ちをもって練習していきたい」と語った。(鷲田智憲)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ