スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球東海大会 県勢対決制し県岐阜商が決勝へ 岐阜

2020年11月1日09時00分

 第73回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)は31日、準決勝2試合が三重県のダイムスタジアム伊勢であった。県勢対決となった一戦は、県岐阜商(岐阜1位)が岐阜第一(岐阜3位)に6―0で勝利し、来春の選抜大会出場に向けて大きく前進した。決勝は1日午前10時から同球場で、中京大中京(愛知1位)と対戦する。(板倉吉延)

     ◇

 県岐阜商のエース野崎慎裕投手(2年)が8被安打ながら岐阜第一を完封した。カーブやチェンジアップなど、多彩な変化球が持ち味。「2種あるうち、速いスライダーが好調だった。打球をうまく詰まらせることができた」と振り返った。

 準々決勝の東邦戦でも先発し、一回以外は毎回走者を背負いながら要所を締め、8回を無失点に抑えた。この日は同県対決。練習試合でも顔を合わせている。東邦戦後、ほぼ毎日、高木翔斗捕手(2年)と岐阜第一の映像を見直した。「苦手なコースなど、しっかり把握した。準々決勝よりも投げやすかった」

 八回、岐阜第一の4番打者、阪口楽投手(2年)の4度目の打席では、2球で2ストライクに追い込むと、最後は直球で3球三振に。「打者一人ひとりに集中し、丁寧に投げることを心がけた」。鍛治舎巧監督は「序盤の投球は調子が上がらず苦しんでいたが、自身で修正してくれた」とねぎらった。

 東邦戦後、3年の先輩から「次も決めてくれよ」と声をかけられた。昨年の決勝、野崎投手は同じ中京大中京戦で先発し、チームは敗れた。「悔しい思いがある。あすは先輩の分まで戦いたい」と力を込めた。

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ