スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

広島新庄、決勝へ 接戦で鳥取城北下す 中国高校野球

2020年11月1日09時00分

 第135回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は31日、島根県の県立浜山公園野球場(出雲市)で準決勝があった。下関国際(山口)と広島新庄が決勝進出を決めた。決勝は1日に、同球場で原則無観客で行われる。

 ◎…広島新庄が鳥取城北との接戦を制し、来春の選抜大会出場を濃厚にした。

 同点で迎えた七回、2死走者なしから「自分が打ってチームを勝たせたい」と打席に入った花田が2球目の変化球を右翼へ運び、二塁打に。続く藤川の左前安打で決勝点を挙げた。生還した花田は、宇多村監督も「珍しい」と話すガッツポーズでベンチへ。仲間も笑顔で迎えた。

 相手にリードを許す苦しい展開だった。1点を先取された後の四回、繁光と瀬尾の連続安打で好機をつくり、平田と伊永が四球を選んで同点に。五回には2点本塁打を浴びて再びリードを許したが、その裏の花田の適時打と六回の北田の適時打で追いついた。

 先発花田を六回途中から継投した秋山は、「まっすぐが指にかかり、得意のツーシームも思い通りにいった」。被安打1の好投で相手打線の反撃を封じた。

 「しぶとく、粘り強く、選手皆が一丸となった結果」と宇多村監督。主将の大可は「我慢の試合だった。失策がなかったことは良かった」と振り返り、決勝に向けて「やるからには優勝したい」と力強く語った。(三宅梨紗子)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ