スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

昌平と細田学園、初の関東大会 秋季高校野球きょう決勝

2020年9月30日09時00分

 秋季高校野球県大会は29日、県営大宮球場で準決勝2試合が行われ、昌平が春日部共栄に、細田学園が大宮東にそれぞれ勝ち、10月24日に千葉県で開幕する関東大会への出場を決めた。両校とも初の関東大会出場となる。決勝は30日午前10時から同球場で行われる。(黒田早織)

     ◇

 初の関東大会出場を決め、細田学園の松本悠希君(2年)は「うれしい。ここまでギリギリの試合をモノにしてきた。その粘りが自信になった」と顔をほころばせた。

 花咲徳栄との準々決勝は、背番号1の松本君に代わってマウンドを託された飯吉陽来(いいよしはるく)君(同)が先発し2失点の好投。「今日負けたら意味がない」。エースは強い気持ちで得意の直球とスライダーで攻めた。

 七回表には2死走者なしから3球連続四球で満塁のピンチを招いたが、次打者を直球で右飛に打ち取った。「少し焦ったけど打たせて取ることだけを考えた。課題は制球力」と振り返った。

 創部7年目での快進撃。丸山桂之介監督は「こんな大舞台で、冷静に普段通りのプレーができていることにびっくり。頼もしい選手たちです」とたたえた。=県営大宮

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ