スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

盛岡大付が3年連続V 秋季高校野球県大会

2020年9月28日09時00分

 第73回秋季東北地区高校野球県大会(県高野連主催、朝日新聞盛岡総局など後援)の決勝が27日、県営野球場であり、盛岡大付が一関学院を破って3年連続12回目の優勝を果たした。3位決定戦は花巻東が花巻農に勝利した。上位3校は10月14~20日に宮城県である東北地区大会に出場する。この大会は来春開催予定の選抜大会出場校を決める判断材料になる。

 ■盛岡大付―一関学院

 盛岡大付が持ち味の強打を発揮した。初回に松本、渡辺の連打で先制すると、八回には3安打に盗塁も絡めて2点を挙げ、一気に流れをつかんだ。一関学院は奥谷の適時打などで粘ったが及ばなかった。

 ■花巻農―花巻東

 花巻東が終盤に連打で突き放した。1―0でリードして迎えた八回、佐藤の2点本塁打などで一気に4点を奪った。先発の菱川は被安打2で完封した。花巻農は四、九回の併殺が響き、リズムをつかめなかった。

     ◇

 「先輩たちの夏を終わらせてしまった悔しさがずっと残っていた」。試合後、盛岡大付の渡辺翔真選手(2年)は明かした。

 3年生中心で臨んだ7月の独自大会。2年生ながら先発出場した決勝の一関学院戦で、九回裏にセカンドゴロに打ち取られ最後のバッターになってしまった。同じ対戦カードとなったこの日、「絶対に勝ってやろう」と強く思った。

 初回にいきなり右前適時打で先制点を挙げると、三回、六回にも安打を放ち、4打数3安打2打点とチームを勢いづけた。さらに七回からは投手として登板し、キレのいい直球に変化球を織り交ぜて1失点に抑え、相手に流れを渡さなかった。

 関口清治監督も全幅の信頼を寄せている。「プレーだけでなく、精神面でも落ち着いている。ベンチからの声なんて私より的確なこともある」と笑う。勉強の成績も学年でトップクラスだという。

 選抜大会出場に重要な東北地区大会に向けて、渡辺選手は気を引き締めた。「さらにレベルの高い試合が増えてくる。岩手の第1代表として恥ずかしくないプレーをしたい」(中山直樹)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ