スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

優勝は石見智翠館 県高校秋季野球兼中国大会県予選

2020年9月28日09時00分

 島根県高校秋季野球大会兼第135回秋季中国地区高校野球大会県予選(県高野連、県教委主催)は27日、出雲市の県立浜山公園野球場で決勝があり、石見智翠館が浜田を破って23年ぶり4回目の優勝を果たした。3位決定戦は立正大淞南が矢上に勝った。この4校は来月23日から松江市営野球場と県立浜山で始まる中国大会に出場する。

 最初から長打を狙っていたという。決勝戦。石見智翠館のエース・山崎琢磨君(2年)は八回2死無走者で打席に立ち、右越え本塁打を放った。先発し、好投する自身を自ら援護するダメ押しの3点目となった。

 「直球が走っていなかった」という序盤は毎回、得点圏に走者を進められた。しかし、「調子が出ないから投げないというのは嫌だった」。コースをついたり、緩急をつけたりした投球で乗り切った。

 調子が出てきたのは五回。味方の失策もあって1死二、三塁のピンチを背負ったが、後続を三振と内野ゴロに打ち取った。投球時の苦しそうな声が時折、「よっしゃ!」という声に変わった。球に気持ちが入る時に出るという。そのまま九回まで安定した投球を見せ、完封した。

 末光章朗監督は「終盤も投げられるようになったことは収穫。山崎が成長する大きな試合だった」と評価した。山崎君は「島根(の各校)を圧倒し、中国大会で優勝することを目標にしてきた。(今後も)一戦一戦がんばりたい」と決意を話した。(榊原織和)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ