スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

八戸学院光星が優勝 秋季高校野球 青森

2020年9月28日09時00分

 秋季青森県高校野球選手権大会(県高野連主催、朝日新聞青森総局など後援)は27日、弘前市のはるか夢球場で決勝と3位決定戦があった。決勝は八戸学院光星が八戸西を猛打で圧倒し、2年ぶり17度目の優勝を果たした。3位決定戦は弘前学院聖愛が青森を下した。上位3校は10月、来春の選抜大会出場校を決める重要な判断材料となる東北地区大会に出場する。

 ■八戸西―八戸学院光星

 八戸学院光星は1点リードの三回、北浦がソロ本塁打を放ち、さらに2死から伊藤が満塁本塁打を放つなど、計6点を奪って流れに乗った。八戸西は四回に下井田の三塁打など3安打を集めて2点を返したが、先発のエース福島が打ち込まれ、及ばなかった。

 ■青森―弘前学院聖愛

 弘前学院聖愛は一回に4連続四死球の押し出しで1点を先制すると、二回にも打者が球をよく見極め、4四死球と敵失などノーヒットで3点を追加した。青森は相手を上回る長短9安打を放ち、1点差まで迫ったが、序盤の四死球と守備の乱れが響いた。

     ◇

 八戸学院光星の三回の攻め。先頭打者の本塁打の後、さらに2死満塁で打席に主将の伊藤巧将(2年)が入った。八戸西のマウンドには本格派右腕の福島蓮(2年)。伊藤は「球が速いので詰まると飛ばない。芯でとらえることだけ意識した」。

 初球はストライク。2球目のスライダーを振り切った。高く上がった打球は左翼席へ。高校の公式戦では自身初という満塁本塁打だ。二塁ベースを回り、三塁コーチャーに向かって右手を上げて、笑顔を見せた。優勝への流れを引き寄せる値千金の満塁弾。「手応えはあった。ファウルかなと思ったけど、入ってくれと祈った」

 新チーム発足時に副主将となったが、主将の吉川真一(2年)が8月に左ひざを負傷し、秋の大会は代わりに主将に就いた。吉川もけがから復帰、県大会にはなんとか間に合い、登録変更でメンバーに入った。吉川は「勝負強い伊藤だから、大きいのを打ってくれると思っていた」。

 主将の役目を見事に果たした伊藤は「チームとして細かいミスもあった。修正していきたい」。東北地区大会で、さらなる高みをめざす。(武沢昌英)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ