スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋季高校野球三重県大会 三重が3年ぶりに優勝

2020年9月27日09時00分

 第73回秋季東海地区高校野球三重県大会(県高校野球連盟主催)の決勝と3位決定戦が26日、伊勢市のダイムスタジアム伊勢であった。決勝は、三重が3―1で松阪商を破り、3年ぶり20度目の優勝を果たした。3位決定戦では、海星が5―0で白山に勝利。三重、松阪商とともに東海大会への出場を決めた。東海大会は10月24日から県内で開かれる。この大会の成績は、来春の選抜大会の出場校を選ぶ際の判断材料となる。

 ■松阪商―三重

 三重は一回、森、池田の連続適時打、佐脇の犠飛で3点を先制。守っては六回、無死満塁のピンチに救援の尾崎が連続三振を奪い、この回を無得点に抑えると、その後も堅い守りで流れを渡さなかった。松阪商は相手を上回る6安打を放つも、9三振が響いた。

 ■海星―白山

 海星が効率よく得点を重ね、試合を優位に進めた。三回に敵失と加藤の適時打で3点、五回に宝山、森口が連打を放って1点を追加。エース山崎は1人で投げ抜き、7奪三振で無失点の好投を見せた。白山は尾関が3盗塁を決めたが、あと1本が出なかった。

     ◇

 松阪商は無得点に抑えられたまま、3点差で九回裏を迎えた。この回の先頭打者の高山公平君(2年)は「来たボールを思いっきり打とう」と決め、打席に臨んだ。4球目の直球をフルスイングすると、打球は右翼スタンドへ。チーム唯一の得点を挙げた。

 守備ではエースとしてマウンドに立った。夏季大会でも登板したが、スタミナが切れ、1人で投げきることができなかった。「最後までマウンドで試合を楽しみたい」。新チームでは、完投への思いを強くした。

 三重とは今大会地区予選で対戦。このときは先発で投げたが、途中で降板。2―4で敗れた。「悔しい思いは二度としたくない」。三重の打線を意識しながら投球練習を重ねた。

 再び決勝で対戦。9回を1人で投げきったが、初回に3点を奪われたことが大きく響いた。「腕が振れていなかった。気を引き締め直して練習したい」。次の東海大会を見据えた。(岡田真実)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ