スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

仙台育英と東北が決勝へ 県高校野球秋季大会

2020年9月27日09時00分

 第73回秋季東北地区高校野球県大会は26日、楽天生命パーク宮城(仙台市)で準決勝2試合があり、仙台育英と東北がそれぞれ勝利し、決勝進出と東北大会への出場を決めた。決勝は27日午後1時から。

 仙台育英は一回に先制すると、五回にも吉野の適時三塁打などで6点を追加し、6回コールド勝ちした。次戦に9連覇がかかる。東北は1―1で迎えた九回、中道の右前適時打でサヨナラ勝ち。5年ぶりの決勝進出だ。

 東北大会出場をかけた柴田―古川学園の3位決定戦は同日午前9時から。いずれも楽天生命パーク宮城である。

     ◇

 九回裏2死一、二塁で打席に入った東北の中道隆也君(2年)をベンチの大声が後押ししていた。「迷うな、ここで決めろ!」。1―1の接戦だ。富沢清徳監督からは「短く持ってコンパクトに打て」と指示を受けていた。

 狙ったのは、七回裏に適時打を放ったときと同じ内角の直球だ。四球目に来たその球を、「芯でとらえた」。打球は右前へ鋭く飛んだ。右手で小さくガッツポーズしながら一塁に向かうと、人生初だというサヨナラ打につながった。

 実は、七回の適時打は公式戦での初安打。スタメン入りも3試合ぶり。背番号12の活躍に「期待以上」(富沢監督)との評価を得た。「決勝も東北大会も、試合でしっかり結果を残したい」と先を見据えた。(近藤咲子)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ