スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

八戸学院光星と八戸西、きょう決勝

2020年9月27日09時00分

 秋季青森県高校野球選手権大会(県高野連主催、朝日新聞青森総局など後援)は26日、弘前市のはるか夢球場で準決勝2試合があり、八戸学院光星と八戸西が決勝進出と10月の東北地区大会への出場を決めた。八戸西が秋季県大会で決勝に進出するのは初めて。27日は決勝のほか、弘前学院聖愛と青森が対戦する3位決定戦があり、東北地区大会への3校目の出場チームが決まる。

 ■弘前学院聖愛―八戸学院光星

 八戸学院光星は同点の七回、敵失で出た一塁走者を吉川が送り、2死二塁。佐藤が右中間へ勝ち越しの適時打を放ち、続く吉村の適時二塁打で5点目を奪った。弘前学院聖愛は中盤以降、再三の好機に内野ゴロに終わるなど1点ずつしか奪えず、惜敗した。

 ■八戸西―青森

 八戸西が長短14安打の猛攻を見せ、青森に7回コールド勝ち。先発した八戸西のエース福島は4回を投げて無安打の好投。継投の平内、広田も無失点に抑えた。青森はエース赤坂が初回に1失点してリズムに乗れず、攻めては好機に適時打1本が出なかった。

     ◇

 1―3の五回裏、弘前学院聖愛の2番手として、左腕の木村光佑(2年)が八戸学院光星の打者に向かった。スリークオーターから投げる直球は110キロ台半ば。スライダーとシュート、チェンジアップを投げ分け、打者の外へ逃げるボールが持ち味だ。

 先頭打者にヒットを打たれたが、続く3人をフライで打ち取り、六回も三者凡退。いい流れから七回表、味方が同点に追いついた。

 3イニング目となったその裏、エラーと犠打で2死二塁。打席に迎えた3番打者の佐藤航太(1年)は、先発投手から三回に先制の2点適時打を放っていた。

 「ここで自分の持ち味だ」と木村は集中した。右打者の外角へ逃げるシュートを3球続け、すべてファウルで粘られた。

 投手有利のカウントからの4球目。もう1球続けたシュートが甘く入り、適時打になった。次打者にも打たれ、痛恨の2失点。

 原田一範監督は試合後、「ボール球を使っていかないと。勝負を急いだ」と課題をあげた。木村は「中継ぎとして、冷静さを保ち、持ち味を出せるようにしたい」。3位決定戦で同じ失敗はしない。(武沢昌英)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ