スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

由利工と角館が決勝へ 秋季高校野球県大会

2020年9月27日09時00分

 第72回秋季東北地区高校野球秋田県大会(県高野連主催、朝日新聞秋田総局など後援)は26日、秋田市のこまちスタジアムで準決勝があり、由利工は湯沢翔北を、角館は大館桂桜を破って決勝進出を決めた。両校は10月14日から宮城県で開かれる東北大会に出場する。いずれも3年ぶりで、由利工は2度目、角館は5度目の出場。決勝と東北大会への最後の出場権をかけた3位決定戦は27日に行われる。(八鍬耕造)

 ■湯沢翔北―由利工

 由利工・高瀬と湯沢翔北・佐藤創。好右腕同士の投げ合いは、由利工が攻撃の集中力でわずかにまさった。

 一回に斎藤、佐々木瞳の適時二塁打で2点を先制し、1点リードの八回は斎藤の犠飛で追加点。制球力が良い佐藤創の投球に苦しみながら、走者を得点圏に進めた2イニングにいずれも得点を挙げた。

 湯沢翔北は持ち前の機動力を生かし、好機は由利工より多かったが、高瀬の変化球にタイミングを外された。九回は月田の適時打で1点差に迫ったが、走塁ミスもあり届かなかった。

 ■大館桂桜―角館

 0―0の四回に4点、2点差に迫られていた七回は3点。角館の畳みかける攻撃が際だった。

 四回は先頭打者からの3連打を含む5安打、七回は先頭から4連打。両イニングで安打を記録した5番千葉、6番磯ら各打者が徹底してコンパクトに振り切った当たりは、外野手の前に落ちたり、内野手の間を抜けたりしていった。

 大館桂桜は二回無死一、二塁で、バントや走塁のミスで得点できなかったのが痛い。集中打はなかったが、六回に4番安藤、九回は5番仲沢が長打を放つなど打力は十分に見せた。

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ