スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

能代松陽、連覇ならず 高校野球秋季大会 秋田

2020年9月22日09時00分

 第72回秋季東北地区高校野球秋田県大会(県高野連主催、朝日新聞秋田総局など後援)は21日、秋田市のこまちスタジアムで準々決勝2試合があり、由利工と大館桂桜が4強入りした。連覇を狙った能代松陽と一昨年優勝の秋田修英は敗れた。22日はこまちスタジアムで準々決勝の残り2試合がある。大館鳳鳴―湯沢翔北、角館―大曲工が対戦する。

     ◇

 今夏の県独自大会で準優勝、秋連覇を狙った能代松陽の打線を、由利工のエース高瀬水楓投手(2年)が完封。チームを3年ぶりの4強へ導いた。

 長身から投げ下ろす直球、タイミングを外す変化球が低めに集まり、得点圏に走者を置いたのは六回の1度だけ。1死一、三塁で3番田中元輝選手(1年)の強い打球が二塁手の正面へのライナーに。三塁走者が帰塁できずに併殺で切り抜ける幸運もあった。能代松陽の深堀虎童投手(2年)も再三、先頭打者を出しながら粘り強く投げて2失点完投。見応えのある投手戦になった。

 大館桂桜は、2016年に3校の統合で開校して以来初の4強入り。地区大会初戦でコールド負けしたが、代表決定戦を勝ち上がり、明桜に続いて私立強豪の秋田修英も破った。

 19日の明桜戦で13回、191球を投げたエース安藤拓巳投手(2年)は疲れが見え、一回に2失点。打線が直後の二回に逆転し、五回は自らの2点二塁打などで3点を加えた。秋田修英は1点リードされていた三回から登板した持主太陽投手(2年)が好投しただけに、早めに追いついて試合の流れを戻したかった。(八鍬耕造)

新着ニュース

アクセスランキング

注目動画

一覧へ