スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

聖愛など8強 高校野球秋季大会 青森

2020年9月21日09時00分

 秋季青森県高校野球選手権大会(県高野連主催、朝日新聞青森総局など後援)は20日、青森市の県営球場など3球場で2回戦8試合が行われ、ベスト8が決まった。弘前学院聖愛が五所川原に快勝したほか、2回戦から登場の強豪2校、青森山田と八戸学院光星も順当に勝ち進んだ。八戸西は地力のある東奥義塾に9―6で打ち勝った。21日は休養日で、22日に準々決勝が行われる。

 最後まで勝負をあきらめない捕手だ。青森と対戦した大湊の主将、木村寛治(2年)。守る五回裏、相手の犠飛でコールド負けとなる10点差をつけられても三塁に送球し、生還した走者の離塁が早くなかったか、アピールプレーのベースを踏むよう促した。だが、アピールは認められずゲームセットとなった。

 1年の秋から背番号2の正捕手。県大会初戦のこの日は先発投手が三回途中までに10失点と打ち込まれ、2、3番手は1年生投手がマウンドに。投手3人の変化球が何度もショートバウンドになったが、体の前にしかボールをこぼさない。その度に、土がついたボールを優しく大切そうに両手でこすって返球する。

 投手出身の飛内尚人監督は「毎日声を出して、いつも声をからしている。彼がチームを作っている。いい捕手で、私も(バッテリーを)組めたら楽しかったと思う」。木村は「投手陣もチーム全体も力不足。もっと強くなって、『下北から甲子園』の目標を達成したい」と敗戦の先を見据えた。(武沢昌英)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ