スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋の高校野球県大会開幕 久々に観客の前で熱戦 愛知

2020年9月13日09時00分

 高校野球の秋の愛知県大会(愛知県選手権大会=愛知県高校野球連盟主催)が12日、開幕した。今大会は来春の選抜大会出場校選出の参考になる。各地区予選を突破した50校によるトーナメントで、上位3校が秋季東海大会(10月24日開幕、三重県)に進む。

 この日は6球場で1回戦12試合が行われた。試合は週末に開催され、決勝と3位決定戦は27日の予定。

 12日の1回戦には、今夏の県大会を制し、甲子園交流試合にも出場した中京大中京が登場した。地区予選で一度敗れたため、ノーシードで臨む今大会。名古屋国際を相手に、8―1のコールド勝ちを収めた。

 大勝だったものの、二回の守備では2死一、三塁から相手に重盗を許し失点。七回の攻撃では走者がアウトカウントを間違えるミスもあった。

 19日の2回戦では、8月の名古屋地区2次予選で敗れている星城と対戦する。高橋源一郎監督は「課題をたくさん頂いた。帰ってしっかりミーティングします」と話した。

     ◇

 今大会は新型コロナウイルスの感染防止に努めたうえで、2千人を上限に観客を入れて実施される。中京大中京―名古屋国際など2試合があった熱田愛知時計120スタジアム(名古屋市熱田区)には、延べ1千人の観客が詰めかけた。

 控え選手や保護者以外の一般の観客が球場で観戦できるのは昨秋以来。試合開始3時間前の午前7時過ぎには、早くもチケットを求める人の姿があった。入場時に検温、手指消毒、マスク着用が求められた。

 ネット裏で観戦した同市昭和区の前田哲さん(38)は「球場での観戦は昨夏以来なのでうれしい。何とかこの先も無事に大会が開かれて欲しい」と話した。

 6回1失点と好投した中京大中京の畔柳亨丞(くろやなぎきょうすけ)投手(2年)は「たくさんのお客さんがいて燃えました。これが高校野球なんだと思った」と感慨深げだった。

 同スタジアムには20件ほどの電話があり、多くは問い合わせや激励だったという。県高野連は「気を引き締め、これからもできる限りの対策を続けていきたい」としている。(渋谷正章)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ