スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球秋の県大会の対戦決まる 12日から熱戦

2020年9月9日09時00分

 来春の選抜高校野球大会の出場校選考につながる秋の愛知県大会(第73回愛知県選手権大会=県高校野球連盟主催)が12日、開幕する。大会の組み合わせ抽選会が8日に名古屋市中区の朝日会館であり、各地区予選を勝ち抜いた50校の対戦相手が決まった。全試合で2千人まで観客を入れる。上位3校は10月24日から三重県である秋季東海地区大会に進む。

 注目は今夏、独自の県大会を制した中京大中京の戦いぶりだ。現3年生が主力となった昨秋から8月の甲子園交流試合まで公式戦負けなしの28連勝を果たした。しかし、3年生が抜けた新チームは名古屋地区2次予選の初戦で星城に3―8で敗れ、今大会はノーシードでの出場。1回戦を突破すれば、2回戦で再び星城とぶつかる。同じブロックには「私学四強」の一角・愛工大名電、昨夏の甲子園大会に出場した誉、愛産大三河や桜丘なども入り、激戦が予想される。

 名古屋地区予選を1位で突破した享栄は、勝ち上がると、夏の県大会で敗れた愛産大工と3回戦で再び対戦する可能性がある。同じブロックの豊川、東邦なども上位を狙う。

 新型コロナウイルスの感染拡大のため、夏の県大会は無観客で開催されたが、今大会は予防に努めたうえで、2千人を上限に全ての試合で観客を入れる。入場時は検温があり、37・5度以上の熱がある場合は観戦できない。観戦者もマスク着用が義務づけられ、応援は拍手のみで、メガホンや鳴り物の使用は禁止されている。

 観戦時の注意事項は県高野連ホームページ(https://www.aichi-kouyaren.com/別ウインドウで開きます)にも掲載されている。入場料は一般700円、中高生200円、小学生以下は無料。(渋谷正章)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ