スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

甲子園Vの1番打者、大学デビュー 目指せ最多安打

2020年9月8日11時00分

 5日に開幕した関西学生野球秋季リーグ戦で、2季ぶりの優勝を狙う立命大の1番打者を務めるのが桃谷惟吹(いぶき)外野手(1年、履正社)だ。昨夏の全国高校野球選手権では、5試合連続で一回に先頭打者で安打を放つなど注目を集め、母校の初優勝に貢献した。大学球界でも活躍が期待されている。

 「関西の大学で日本一になりたい」と関西学生の強豪、立命大に進学した。早々に1番打者で起用され、5日の関学大戦でリーグ戦デビュー。三回に左中間を破る二塁打で先取点につなげ、6日には四回に中前安打を放った。開幕2連戦で10打数3安打。高校時代から木製バットで練習していたというが、「大学はどの投手もレベルが高い。木製バットは芯に当たらないと安打にならないし、難しいな」と実感を語る。

 目標は関学大の田口壮(現オリックスコーチ)が記録したリーグ最多の通算123安打。1年から出続けないと達成が難しいうえ、コロナ禍で春季リーグは中止になった。「すごく遠いと感じる。どんな球でも対応できるように練習していかないといけない」と気を引き締めた。

 履正社で同期だった井上広大は阪神の2軍で4番を打つ。今でも連絡を取っているといい、「プロの世界で活躍していて、すごく刺激になっている」。

 後藤昇監督は「3番、4番が打つよりも、彼が打つとベンチが盛り上がる。すでに貴重な存在」と期待をかける。桃谷は「高校の時からの『積極的に打っていく』というのは、変えずにやっていきたい。チームは優勝、個人ではベストナインや首位打者を狙っていきたい」と活躍を誓った。(佐藤祐生)

新着ニュース

アクセスランキング

注目動画

一覧へ