スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

石川)高校野球の育成功労賞 遊学館・山本監督に

2020年8月29日09時00分

 高校野球の発展に尽くした指導者に贈る「育成功労賞」に、遊学館の山本雅弘監督(69)が選ばれた。春に1回、夏に6回、同校を甲子園に導いた名将。世代交代も意識しつつも、「日本一になりたい」夢を今も抱き、指導に当たる。

 白山市出身。鳥越中時代は軟式野球部員だったが、金沢桜丘高では陸上競技に打ち込んだ。教員を目指して日本体育大に進学し、卒業後は星稜中高へ。星稜中軟式野球部の監督として、1990年から約10年の間に3度の全国制覇に輝いた。

 その後、遊学館から監督就任の打診を受けた。「高校野球で自分の野球が通用するのか試したい」。2001年、創部と同時に就任。その年の夏の石川大会で4強入りを果たし、翌年の夏には甲子園で8強入りした。その後も甲子園に何度も出場。県内有数の強豪校になった。

 選手が納得して練習できるように理論的な指導を心がける。投球フォームなどの動作解析を導入し、身体が適切に運用できているかを細かくチェックする。また、スター選手に頼らず「チームワークで甲子園を勝ち上がれるよう、選手たちを育成しなければいけない」とも考える。

 15年夏に甲子園に出場した時の主将が今年、遊学館の教員になり、野球部のコーチに就任した。最近では、そんな後進も意識し「指導者への指導」にも力を入れたいと考えている。(三井新)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ