スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山)智弁和歌山 夢は後輩に 交流戦

2020年8月18日09時00分

 阪神甲子園球場で17日にあった甲子園高校野球交流試合で、智弁和歌山は尽誠学園(香川)に1―8で敗れた。登録選手20人のうち17人が出場し、途中出場の選手の活躍も光ったが、このチーム最後の試合を勝利で飾ることはできなかった。

     ◇

 智弁和歌山のエース・小林樹斗君(3年)はこの試合、六回からマウンドに上がった。「直球も走っていたし、変化球だとカットボール、スプリット、チェンジアップが良かった」。リードした捕手、宇井治都君(3年)は「相手が(球速が)速いマシンで目を慣らしているとも聞いた。なので、いつもより変化球を多くして、相手を翻弄(ほんろう)させた」。

 六回、七回と走者を出したが得点を許さず、八回も簡単に2死まで追い込んだ。最後の打者は、タイミングが合ってないと見て直球勝負。2―2として5球目。151キロの直球で三振を奪うと、思わずガッツポーズが飛び出した。

 昨夏の甲子園では星稜戦で先発し、奥川恭伸投手(現ヤクルト)と投げあった。「奥川さんと投げあえたのは野球人生においてプラスになった。投球術やマウンド上での立ち振る舞いなど、ああいう投手になりたいと思った」。昨年の投球は自分中心だったと反省。この1年で相手打者の反応も見ながら攻められるようになったと自身で振り返る。

 今夏は、和歌山の独自大会から、救援登板が続いている。この日も中谷仁監督から「後の方から行くぞ」と言われていた。救援の役割について小林君は「頭から行くのと違い、組み立てるというより、常に良い球を投げてチームに流れを持ってくること」。7点を追う展開での登板になったが、思いは同じだった。

 将来の夢はプロ野球選手だ。この日の投球内容を「最後に甲子園を1試合経験し、ゼロで抑えられたのは大きなプラスになった」としつつ、「負けてしまったのは悔しい。すべてにおいて成長して、次の舞台でもしっかり活躍できるようにしたい」と先を見据えた。(滝沢貴大)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ