スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大阪)履正社、序盤の猛攻で星稜に大勝 甲子園交流試合

2020年8月16日09時00分

 2020年甲子園高校野球交流試合(日本高野連主催、朝日新聞社・毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)に出場した履正社が15日、星稜(石川)と対戦した。昨夏の全国選手権大会決勝と同じ対決は、履正社が二回までに8点を奪って優位に立ち、リードを守り切って10―1で大勝した。大阪府勢では大阪桐蔭が17日の第1試合(午前10時開始予定)で東海大相模(神奈川)と対戦する。

     ◇

 「池田まで回そう!」

 ベンチから声が上がった。9番打者の岩崎峻典(しゅんすけ)君(3年)が死球を受け、九回表2死満塁で1番の池田凜君(3年)が打席に入った。5球目の直球をたたいたが「力が入りすぎた」。

 内野ゴロで、一塁に頭から滑り込んだがアウト。大差のリードでも執念を見せた。「自分たちのやってきた野球を最後まで出し切ろうと思っていた」

 昨夏の優勝メンバーだった井上広大(こうた)選手(現・阪神)らの取り組みを間近で学んだ。「いい選手は他校の選手の意見を取り入れている」。先輩に習い、他の選手の感覚や考え方を取り入れようと考えた。

 昨秋の国体で遠征した際、練習試合などで何度も見掛けていた星稜の内山壮真(そうま)君(3年)や知田爽汰(ちだそうた)君(3年)を見つけ、声をかけた。連絡先を交換した。

 LINEでやりとりを重ねた。守備のこと、打撃のこと。「自分がだめだなと思う時も、乗り越えるきっかけをくれた」。そして高校最後の夏、互いに「対戦したいな」と話していたことが甲子園で実現した。

 池田君は昨夏の決勝・星稜戦にも出場している。「勝って終わりたいという気持ちが一層高まった」

 大阪府大会では2本の本塁打を放つなど好調だった。「自分の結果を出したい気持ちもあったが、やっぱりチームが1番」。この日は一回、先頭打者としてチーム初安打。先制のホームを踏んだ。

 ただ、その後は無安打に終わり、「チームの役には立てなかった」と悔いも残った。

 大学に進み野球を続ける。高校野球で身に付けた課題との向き合い方はこれからも生かしていくつもりだ。「全ての面で隙がないと思われる選手になりたい」。さらなる成長を目指して、挑戦は続く。(浅沼愛)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ