スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

鹿児島)鹿児島城西、初出場初勝利逃す 甲子園

2020年8月13日09時00分

 初勝利は「宿題」に――。阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催中の2020年甲子園高校野球交流試合は12日、鹿児島城西(日置市)が第2試合に出場。安打数で上回りながら加藤学園(静岡)に競り負けた。原則無観客のスタンドでは入場を許可された野球部員や保護者らが感染対策をした上で観戦。母校では応援に駆けつけられない吹奏楽部などの部員たちが「リモート応援」で選手たちを励ました。(三沢敦)

     ◇

 鹿児島城西が最終盤に粘りをみせたが、及ばなかった。四回、右前安打などで二塁に進んだ古市が、原田の中前安打で三塁を回り、一気に本塁を目指したが惜しくもタッチアウト。だが3点を追う九回、左前安打で出塁したエース八方が、代打砂川の二塁打で生還し、1点を返した。その後も代打上原の左前安打で砂川が進塁し、2死一、三塁の好機を作ったが、あと一本がでなかった。安打数は9本で、加藤学園を2本上回った。

 八方は八回に交代するまで8奪三振の快投。六回以降ランニング本塁打などで3点を奪われたが、五回まで無失点に抑えた。(小瀬康太郎)

     ◇

 甲子園での応援ができなくなった吹奏楽部やチアリーディング部など、鹿児島城西の留守生徒たちは体育館に集まり、スクリーンに映し出されるテレビ中継に合わせて、熱のこもった応援を繰り広げた。

 青のポロシャツを着た吹奏楽部は30人の部員が、打席に入る選手に合わせた音楽など約30曲を演奏。守備で演奏しない間も、「がんばれー」と声援を送った。

 チアリーディング部の2、3年の8人も吹奏楽部の演奏に合わせて踊った。練習の合間に参加した卓球部員9人も、試合展開に合わせて声援を送った。

 吹奏楽部キャプテンの福留玲奈さん(3年)は、「負けたのは悔しいけど、試合中も選手たちの笑顔が見られたので、楽しんでくれたんだと思う」と話した。(木脇みのり)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ