スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

神奈川)高校野球 8月12日

2020年8月13日03時00分

 県高校野球大会(県高野連主催、日本高野連・朝日新聞社後援)は12日、5球場で9試合があった。昨夏の全国高校野球選手権神奈川大会を制した東海大相模が同大会4強の相模原を破り、相模原弥栄は強豪の桐蔭学園にサヨナラ勝ち。海老名は7点差をはね返して寒川に勝利した。13日は16強が出そろう予定だ。

     ◇

 六回裏2死満塁、途中出場した相模原の貝塚大智選手(3年)が左打席に立った。「無欲無心、無欲無心」。そうつぶやいて、心を落ち着かせた。

 5球目、外角低めのボール球をすくい上げると打球はフラフラと左翼方向へ。「ああ、捕られる」。一塁付近で失速しうつむいた。

 だが球はポトリと外野の芝生に落ちた。仲間の大歓声が聞こえる。「え、落ちた…?」。三塁走者の浜口優太郎選手(3年)に続き、二塁走者の橋本祐斗選手(3年)も生還。「ホッとしました」。一塁上で満面の笑みを見せた。

 貝塚選手は打撃が苦手だといい、レギュラー入りはしていない。だが背番号はレギュラー選手に与えられる「4」。3年生全員で投票して選んだという。佐相真澄監督は「彼の頑張りを仲間が見ていたということ。執念のナイスバッティングでした」とたたえた。

 貝塚選手の適時打を皮切りに、同じく途中出場の山本大喜選手(3年)も左前適時打を放ち、6点差に詰め寄った。

 だが、反撃はここまで。七回にも1点を加えられ、コールド負けを喫した。夏の大会では3年連続で、東海大相模が立ちふさがった。貝塚選手は「このチームで本当に良かった。これからも大切な仲間です」とほほえんだ。(岩本修弥)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ