スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

埼玉)高校野球 8月12日

2020年8月13日03時00分

 夏季埼玉県高校野球大会は12日、5球場で10試合が行われた。一部の球場では雷を伴う雨により、試合が一時中断。1試合が降雨コールドで引き分け再試合となった。花咲徳栄対春日部工は順延となった。これにより、13日は7球場で14試合が行われる。

     ◇

 点差が開いても、吉川美南の中堅手、関根麻人主将(3年)はずっと笑顔だった。3年生最後の大会は、初めて単独チームとして臨む公式戦。校名を背負って野球ができる楽しさがあった。

 四回裏には、越谷西の外野へのライナーを飛び込んで好捕。「味方の投手がきつそうだった。絶対、捕らなきゃと思った」と意地をみせた。

 学校の統合や名称変更を経て、関根君が1年生だった2018年に正式に野球部が創部した。以来、公式戦は他校と組む連合チームとして出場してきた。

 今年度はマネジャーを含む8人の1年生が入部。定時制や夜間制の生徒も加わり、単独チームでの大会参加が可能になった。「やっぱり人数がいるっていいな」と関根君。部員それぞれに事情があり、ベンチメンバー全員が集まったのは12日が初めてだった。

 1年生のとき、連合チームでは補欠だった。部員が関根君一人だけの時期もあった。それが今、「足も速くなり、選手として成長した」と松下祐樹監督。「野球をやめずに頑張ってくれた」とねぎらった。

 初回、一挙に9点を奪われ、無安打コールド負けで夏が終わったが、関根君は「単独チームで試合ができてうれしかった」と満足した表情だった。「明るく楽しくやる」というチームの目標を達成できたかどうか。関根君の答えは一つ。「はい」。はにかみながら、こう話した。=越谷市民(宮脇稜平)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ