スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

奈良)智弁学園が中京大中京と対戦 サヨナラ負け

2020年8月13日09時00分

 今春の選抜大会に出場予定だったチームを阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)に招いて開かれている甲子園高校野球交流試合。3日目第1試合で、県勢の智弁学園が中京大中京(愛知)と対戦した。試合は交流試合初のタイブレークに突入。サヨナラ負けを喫したが、息詰まる投手戦を繰り広げた。

     ◇

 智弁学園の先発は、2年生の西村王雅君。昨夏に続き、2度目の甲子園のマウンドだ。相手は明治神宮大会を制し、好投手を擁する中京大中京。「速くてコントロールがすごい。気持ちだけは負けたくなかった」

 自身の暴投で先制点を奪われ、3点を追う四回。満塁の好機で前の打者が倒れ、2死で西村君に打席が回った。

 直球を振り抜き、打球が外野へ抜けると、走りながら拳を突き上げて叫んだ。この一打で同点に。一塁上で笑顔がこぼれた。

 初めて甲子園に立った昨夏は、大粒の涙を流した。初戦で六回にエースからマウンドを引き継ぎながら、1点のリードを守れず、九回に勝ち越されて敗退した。試合後、「すみません、本当にすみません」と繰り返し、当時主将だった坂下翔馬君の胸で泣きじゃくった。「甲子園の借りは同じ甲子園で返したい」

 この日は試合を振り出しに戻すと、投球は勢いを増し、相手の反撃を封じ込めた。糸を引くような直球を次々とミットに収め、おたけびがグラウンドに響いた。同点直後の四回裏は相手を三者三振に。七回まで毎回打者3人に打ち取り、得点を許さなかった。

 試合は延長に入り、タイブレークに。十回裏、守備のほころびで、相手のサヨナラの走者が生還。西村君は本塁付近にうずくまって泣いた。

 「3年生と一緒に勝ちたかった。新チームは絶対に春夏二つの甲子園に出て、どっちも日本一を狙いたい」。次を見据えて、晴れやかな顔だった。(平田瑛美)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ