スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

島根)平田 創成館と対戦し惜敗、甲子園交流試合

2020年8月12日09時00分

 今春の選抜高校野球大会の代わりとなる「2020年甲子園高校野球交流試合」(日本高野連主催、朝日新聞社、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)で、平田は11日、第2試合で創成館(長崎)と対戦し0―4で敗れた。春夏合わせて初となる甲子園の土を踏んだ選手は、さわやかな笑顔だった。

     ◇

 惜敗の平田は、エース古川の好投と無失策の堅守が光り、持ち味を発揮した。強力な投手陣を誇る創成館の継投を前に、散発3安打無得点と苦しんだが、あと一本という見せ場を作り、好勝負を演じた。

 二回、1死から高橋が四球で出塁すると、次打者の初球で二盗に成功。制球に苦しむ相手先発を攻め、清水の内野安打と四球などで2死満塁の好機を作ったが得点を奪えなかった。

 三回、先頭の保科主将が中前へのクリーンヒットで出塁したが、併殺で好機に結びつけられない。五~八回は球威に押されて詰まらされる場面が目立ち、無安打のイニングが続いた。

 一方、先発古川と三島のバッテリーは要所で内角を使う強気の配球。古川は「インコースへの投球は自分の持ち味。内角が苦手な打者も多かった」。変化球もさえ、一、二回を三者凡退に抑えた。

 1点を許した三回以降、毎回出塁を許すも、好守備がエースをもり立てた。五回、死球のランナーの盗塁を捕手三島がドンピシャの送球で防ぐ。六回は三塁手高橋が好捕し併殺。相手打者や配球ごとに守備位置を変える「攻めの守備」が大舞台でも奏功した。

 試合終盤、疲れの見え始めた古川を創成館打線が捉え始める。七回、先頭の4番打者に甘く入った球を三塁打とされると、次打者の犠飛で2点目。八回は4安打を浴び、2死から高橋にマウンドを譲った。

 九回は代打2人が打ち取られるも、古川が粘って9球目を振り切り、意地の左前安打。代打金山の投ゴロで試合を終えたが、選手の表情は晴れやかだった。

 黒田は「マジ楽しかった」。先発出場した2年生の若林は「尊敬できる先輩たちに引っ張ってきてもらった。来年は春も夏も甲子園に行きます!」と高らかに宣言した。(清水優志)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ