スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

福島)高校野球 8月10日

2020年8月11日03時00分

 東北6県の独自大会優勝校が出場する東北地区高校野球大会は2日目の10日、宮城県石巻市の石巻市民球場で2試合があった。県代表の聖光学院は初戦の準決勝で鶴岡東(山形)に2―1でサヨナラ勝ちし、決勝進出を決めた。1回戦が雨で順延となった仙台育英(宮城)は一関学院(岩手)を3―2で破った。決勝は12日の予定。

     ◇

 人生初のサヨナラ安打は、投手と遊撃手の間を鋭く抜けていった。

 「ナイスバッティング!」。仲間たちにもみくちゃにされながら、内山連希君(3年)は整列に加わった。県高野連の独自大会の優勝の瞬間は涙があふれたが、この日は笑顔だった。

 昨秋からチームを引っ張ってきた。斎藤智也監督は「仲間への気配りを怠らず、激励する主将」と評価するなど、チームでの存在感は大きい。

 だがこの夏は、打撃が不振だった。独自大会では開幕後、4試合で計2安打。守備で貢献してきたが、ふがいなさを感じていた。

 「どうせ期待されていないし、プレッシャーもない。全力で振ろう」。これまでの成果が出てきたのは、大会終盤だった。準決勝で2打席連続安打を放ち、決勝で先制の適時二塁打を放った。

 そして進んだ東北大会。初戦の相手は山形県で昨年春、夏、秋の大会を制覇した鶴岡東。独自大会では5試合で計63得点という強力打線に、エース舘池亮佑君は初回、点を失った。

 聖光学院は無得点が続く。「舘池におんぶにだっこでいいのか」。ベンチで斎藤監督に発破をかけられ、内山君は「舘池を助ける」と誓い九回の打席に立った。

 1死満塁。斎藤監督は初めスクイズを指示したが、スライダーが2球続けてボールに。次はストライクを取りに来ると読み、「ここは内山をヒーローにする場面だ」とスイングを指示。内山君は甘く入った球を思い切り振り抜いた。

 「県の代表として東北でも最後まで生き残ろう」と話し合っていた聖光の選手たち。甲子園ではこの日、交流試合が開幕した。内山君は試合後、「東北大会がぼくらの甲子園だと思っている。全てを出し切り、優勝する」と誓った。(飯島啓史)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ