スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山形)高校野球 8月10日

2020年8月11日03時00分

 東北地区高校野球大会は2日目となる10日、宮城県石巻市の石巻市民球場で鶴岡東の準決勝があり、聖光学院(福島)に2―1でサヨナラ負けした。また、同じ日程で開催されている軟式野球は羽黒が秋田工(秋田)に2―5で敗退した。

     ◇

 同点で迎えた八回裏、聖光学院の攻撃。2死二塁のピンチに、鶴岡東の小林三邦投手(3年)が投じた2球目は一、二塁間を抜けた。二塁走者が本塁へ駆け込むが、ダイレクトの好返球でタッチアウト。ピンチを切り抜けた小林投手はグラブをたたいて喜んだ。

 先発した小林投手はこの日、変化球を主体に打たせて取る投球で、六回まで三塁を踏ませない好投。しかし、初回に1点を許したものの、相手エースも一歩も譲らない。県大会も含め、勝利の原動力となった強力打線が抑え込まれた。

 そして九回裏。1死後、連打を浴びて1死一、三塁。併殺などを狙って、満塁策をとった。一打サヨナラの場面に、佐藤俊監督は伝令を送った。小林投手を中心に、マウンドに集まった選手たちに「こうしたしびれる展開で守れるのは良い経験。最後にもうひと踏ん張りしよう」と伝えた。

 気持ちを落ち着かせ、次打者に向かった。しかし4球目の外角直球は、中前にはじき返された。

 今大会、目標があった。昨秋の東北大会決勝で敗れた仙台育英(宮城)を破ること。「リベンジしたかった」。小林投手は肩を落とした。(鷲田智憲)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ