スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

岩手)高校野球 8月10日

2020年8月11日03時00分

 東北地区高校野球大会は2日目となる10日、宮城県の石巻市民球場で2試合があった。前日の1回戦が雨で順延となった一関学院(岩手)は、仙台育英(宮城)に2―3で敗れた。聖光学院(福島)は鶴岡東(山形)に2―1でサヨナラ勝ちし、決勝進出を決めた。

     ◇

 昨秋のリベンジまであと一歩だった。一関学院の佐藤颯弥(そうや)主将(3年)は「相手の方がやっぱり上だった。でも自分たちのやってきたことを全て出せた」とすっきりした表情だった。

 一回裏、先頭打者として打席に立った。3球目に来た外角のストレートをきれいにはじき返し、センター前安打を放った。昨秋の東北大会では仙台育英の投手陣に歯が立たず、1―6で敗退。悔しさを忘れられず、チームは冬から打撃練習に力を入れてきた。

 主将の一打にベンチは「いけるぞ」と勢いづいた。4番の坂本章畝(あきせ)選手(3年)の適時打で佐藤主将は生還。一関学院はこの回、一気に2点を奪った。

 チームの持ち味である堅い守備はこの日も健在。強力な仙台育英打線に対し、菊池、小綿、近江の3人の投手が何度もピンチを切り抜け、野手も失策ゼロで応えた。「球走ってるぞ」「ひとつずつアウト取ろう」。ショートの佐藤主将も投手に声をかけ続けた。

 甲子園の中止で3年生は気持ちが途切れかけた。それでも佐藤主将は「自分たちがやってきたことを証明しよう」と切り替えた。岩手独自大会を制してからは、東北大会優勝を目標に掲げチームを鼓舞した。就任1年目の高橋滋監督は試合後、涙をこらえながら「厳しいこともたくさん言ったけれど、あいつが主将だったからここまで強くなれた」と感謝した。

 1点を追う九回裏、1死二、三塁と逆転のチャンスで、ベンチはこの日一番の盛り上がりをみせた。試合後、佐藤主将は「最後の最後でチームがひとつになった。ここまで来られてよかった」とかみ締めるように話した。(中山直樹)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ