スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

鳥取城北の先発・松村が粘投 明徳打線を6回無安打

2020年8月10日17時29分

 (10日、甲子園交流試合 明徳義塾6―5鳥取城北)

 「制球に苦しんだが、なんとか粘れた」。鳥取城北の先発・松村は、ほっとした表情を見せた。6回2失点ながら、明徳義塾打線を無安打に抑えた。

 何度も得点圏に走者を背負う苦しい投球が続いた。与えた四死球の数は計8個。それでも、「低め、低めにという意識と、一番自信のある直球を信じて向かっていった」と大量失点は防いだ。そして、六回だ。この日2度目の三者凡退とし、次の投手につなげた。

 「最後の六回は自分が思い描いていた投球ができた」。ベンチに退いた終盤はめまぐるしく攻防が入れ替わり、結果はサヨナラ負け。それでも、高校3年間の成長を実感できた甲子園のマウンドになった。

     ◇

 鳥取城北のエース阪上は九回2死一、二塁で再登板し、サヨナラ三塁打を浴びた。「甘く入らないようにと思いすぎた」。中学2年の冬、重い腎臓の病気に。20キロも体重が落ち、高校入学後も投薬治療は続いた。そんな逆境を乗り越えての晴れ舞台だった。「両親に今まで野球をやらせてくれてありがとうと伝えたい」

     ◇

 八回1死満塁で、一時逆転となる適時二塁打を放った鳥取城北の河西。直前の円陣で、「チャンスで俺に回せ」と告げていたという。外角の直球を右中間にはじき返した。一方、九回途中に右翼へ回った直後、サヨナラの打球が頭上を越えていった。「風、球場の雰囲気。甲子園に魔物がいるのは本当だと感じた」

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ