スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

北海道)高校野球 8月10日

2020年8月11日03時00分

 夏季北海道高校野球大会は10日、北北海道大会の準決勝が行われ、打撃が好調な旭川龍谷とクラーク国際が共にコールド勝ちし、決勝に進出した。新型コロナウイルスの影響で夏の甲子園は中止になったが、両校は北大会頂点の座をかけて11日に対戦する。

     ◇

 敗れた旭川実の最速145キロ右腕、笠間稜世投手(3年)は試合後、「エースの役目を果たせず悔しい」と涙を流した。

 勝ち越された三回、さらにピンチが続く場面で登板した。だが、笠間投手は「ゼロで抑えるのがエースの役目」と強気のマウンドさばきで後続を断つ。

 四回も2人を打ち取ったが、四球と安打で一、二塁のピンチに。打席には1打席目に本塁打の4番、菅大晟選手(3年)。「ストライクが早く欲しかった」と投じた初球の直球を右前にはじき返され、追加点を奪われた。「タイミングを外すとか工夫すべきだった」と悔やんだ。

 順風満帆の高校生活ではなかった。1年の春からベンチ入りしたが、昨年夏の地区大会で右ひじを疲労骨折。秋の大会は後輩が背番号「1」を背負う姿をスタンドで眺めた。それから今年2月に投げられるようになるまで、毎日体幹トレーニングを欠かさず、下半身を意識したフォームの改良にも取り組んだ。「あの悔しい期間があったからこそ今がある」と感じていた。

 5月には甲子園の中止を受けて前主将など3人が退部。それでも「目標はプロ入り。やることは変わらなかった」と、プレーで周りを引っ張ってきた。

 敗れたが、ここで野球人生は終わりではない。大学に進学し、さらに上を目指す。「もっと練習して、プロでも勝てる投手になりたい」と話し、涙を拭いた。(前田健汰)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ