スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

始まりは学生の引きこもり解消? 健康あっての野球

2020年8月11日06時15分

 日本の野球の始まりは1872(明治5)年。前年に明治政府のお雇い外国人教師として来日したホーレス・ウィルソン(2003年野球殿堂入り)が第一大学区第一番中学(東大のルーツの一つ)の学生に教えたと言われる。

 「学生が部屋に閉じこもって不健康な生活をしている。外に引っ張り出す必要を感じたのだろう」と「明治五年のプレーボール」(NHK出版)でその足跡をたどったノンフィクション作家の佐山和夫さん。

 つまり日本の野球は、学生の健康のために始まったと言っていい。その約150年後、まさか健康のために野球をしてはいけない時期ができるとは、ウィルソン先生も想像できなかったことだろう。

 それでも各地で工夫しながら、徐々に野球が再開された。生活の中に野球をどう位置づけるか。各校、各選手は、改めて考えたはずだ。交流試合では、その答えも披露して欲しい。

 ウイルス対策はもちろん、熱中症や故障にも注意をしよう。健康あっての野球であり、学校生活である。(編集委員・安藤嘉浩)

新着ニュース

アクセスランキング

注目動画

一覧へ