スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山梨)高校野球 8月9日

2020年8月10日03時00分

 「2020年夏季山梨県高校野球大会」は9日、山日YBS球場で準々決勝2試合があった。帝京三は昨夏4強の富士学苑の追い上げをかわし、昨夏準優勝の東海大甲府は日本航空を下した。4強が出そろい、準決勝2試合が11日に同球場で行われる。

     ◇

 二、四、五回と1点ずつ引き離され、3点を追う苦しい展開。富士学苑は七回表、1死一、二塁の好機をつくり、2安打と当たっている羽田真洸(まひろ)主将(3年)が左打席に入った。

 帝京三はここで動く。先発右腕から、左腕エースをマウンドに送ってきた。

 「自分が決める」。集中力を高め、ボール球を2球見極める。3球目。直球をとらえ、振り抜くと痛烈な打球が右前へ。二塁走者がかえり、1点を返した。この回さらに適時打が飛び出し、1点差に迫った。

 昨夏の山梨大会で4強入り。自身も含め、昨年の主力選手が数多く残った。昨秋の県大会はシード校として臨んだが初戦敗退。自信を打ち砕かれ、チームの立て直しに力を注いだ。

 コロナ禍で休校も長引くなか、選手一人ひとりが素振りなどできる練習を実践しようと呼びかけた。そんな主将を、長谷知雄監督は「選手の意見をまとめ、ものすごく大人になった」と信頼する。

 1点差で最終回を迎え、3四球で2死満塁まで攻めたが及ばなかった。

 ベンチ入りした21人全員が出場。チームが大切にする「笑顔」とともに声もよく出た。「楽しく、いつも通りの野球ができた。悔いはありません」。主将は誇らしげに言い切った。(田中正一)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ