スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

群馬)高校野球独自大会きょう決勝 桐生第一×健大高崎

2020年8月10日09時00分

 夏の甲子園中止に伴う群馬独自の「県高校野球大会」(県高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は10日、決勝が上毛新聞敷島球場である。甲子園交流試合にそろって出場する桐生第一と健大高崎が対戦する。試合は午前9時から、部員や保護者を除き無観客で行われる。

 昨秋の県大会を制した桐生第一は、準決勝までの4試合、一度も相手にリードを許さず勝ち進んだ。大会途中から背番号1を背負った速球派右腕の蓼原慎仁は、最速144キロの直球が武器。左腕宮下宝は多彩な変化球を織り交ぜてピンチをしのぐ粘り強さがある。

 打線は、昨夏から中軸を担う広瀬智也主将や4番中島優月、3回戦で2点適時三塁打を放つなど勝負強さが光る工藤ジョエルらが軸。波に乗れば大量得点も狙える。準決勝も、昨夏準優勝の前橋商の好投手橋本優雅を攻略し、快勝した。

 一方、昨秋は県大会3位ながら関東大会を制し、初出場の明治神宮大会で準優勝を果たした健大高崎は、左腕エース下慎之介ら豊富な投手陣の小刻みな継投や、強肩捕手の戸丸秦吾主将を中心とした堅守で勝ち上がった。

 3回戦では1試合で8盗塁を決め、持ち前の機動力を生かした攻撃も健在。準々決勝では5本の二塁打を含む15安打で圧倒した。勝負強い橋本脩生や4番木川玲ら打線には切れ目がない。2018年まで3年連続で夏の決勝で敗れ、昨秋も準決勝で苦杯をなめた前橋育英を準決勝で下し、勢いに乗る。(松田果穂)

 ◇2回戦 5―2高崎商大付

◇3回戦 10―0伊勢崎商(5回コールド)

◇準々決勝 5―0桐生南

◇準決勝 6―2前橋商

 ◇2回戦 3―1安中総合

◇3回戦 9―2太田東(8回コールド)

◇準々決勝 9―0常磐(7回コールド)

◇準決勝 11―9前橋育英

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ