スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山形)高校野球 8月9日

2020年8月10日03時00分

 東北各県の独自大会優勝校がトーナメント方式で争う「令和2年東北地区高校野球大会」(東北地区高校野球連盟主催、日本高野連後援)が9日、宮城県の石巻市民球場で開幕した。鶴岡東は青森山田(青森)を4―1で破った。10日の準決勝で聖光学院(福島)と対戦する。同期間に同県内で開かれる軟式の東北大会に出場する羽黒と秋田工(秋田)の試合は雨で10日に順延された。

     ◇

 「思いっきり振れ」

 伝令の選手の声に送られ七回表、2死一塁で打席に立った山路将太郎選手(3年)。初球の真ん中の直球を振り抜いた打球は、右翼スタンドに吸い込まれた。

 山路選手は昨夏もレギュラーとして甲子園を経験。今夏の「山形県高校野球大会2020」でもレギュラーを務めながら、準々決勝からの3試合は連続無安打と調子が上がらなかった。打撃フォームを変え、始動を早めてタイミングを合わせやすいように工夫して東北大会に臨んだ。

 佐藤俊監督も「背中を押してあげられれば」と、普段はあまり取ることのない打撃のタイムを使って伝令を送り、思い切りよく振るよう指示した。

 その打席で、公式戦初という本塁打を放つ。山路選手は打球がスタンドに入るのを見届け、思わずガッツポーズ。「うれしかった。前半は点が取れなかったが、落ち着いて攻めたことが後半の得点につながった」と試合後には冷静に振り返った。

 調子を上げて、交流試合のある甲子園に戻れそうだ。だが山路選手は「まずは東北大会をしっかりと勝ちたい」と、目の前の一戦に集中する構えだ。(鷲田智憲)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ