スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

鳥取)鳥取城北、甲子園へ きょう明徳義塾と対戦

2020年8月10日09時00分

 今春の選抜大会の中止を受けた「2020年甲子園高校野球交流試合」(日本高校野球連盟主催、朝日新聞社、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)が10日に阪神甲子園球場で開幕する。鳥取城北は同日の第2試合で明徳義塾(高知)と対戦する。

 鳥取城北は強力打線を武器に昨秋の県大会で優勝。中国大会では準優勝を果たし、春の選抜大会出場を決めていた。夏の選手権大会と鳥取大会の中止を受けて開かれた鳥取県の独自大会では、タイプの異なる多彩な投手陣が試合を引っ張り、準決勝までの3試合を零封。しかし、決勝は先制したものの、中盤にリズムを崩して準優勝となった。

 甲子園交流試合に出場する立場として、「圧倒して優勝」を目標に臨んだ独自大会。決勝で敗れ、投手の松村亮汰選手(3年)をはじめ、多くの選手が悔し涙を流した。だからこそ、最後の1試合にかける思いは増している。吉田貫汰主将(同)は「集大成として最後は笑顔で終わりたい」と意気込んでいる。

 対戦相手の明徳義塾は昨秋の四国王者。中止となった今春を含め春の選抜大会に19回、夏の選手権大会に20回出場している名門校だ。左腕のエースは四国大会の4試合で無四死球と抜群の制球力を持ち、チームは伝統の「守り勝つ野球」を信条とする。今夏の高知県の独自大会は準優勝。(宮城奈々)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ