スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

長野)きょう決勝 飯山―佐久長聖 高校野球独自大会

2020年8月10日09時00分

 絶対的エース擁する飯山か、投打に隙のない佐久長聖か。長野県の頂点をかけ、2020年度夏季高校野球県大会は10日、長野オリンピックスタジアムで2チームが激突する。選手権長野大会を含めると、飯山が勝てば2年連続、佐久長聖が勝てば2年ぶりの夏優勝となる。

     ◇

 飯山の中心はエース常田唯斗(3年)。最速146キロの直球に加え、キレのあるスライダーとカットボールもある。相手によって配球を変え、打たせて取る投球もできる。8日の準決勝は強打の上田西を相手に被安打6、失点2と好投した。ここまで41回超を投げ、60奪三振。

 吉池拓弥監督が「爆発力がある」と言うように、打撃も好調でチーム打率は3割3分5厘。4回戦まで打率1割台と苦しんだ3番塚田佳(3年)が準々決勝、準決勝では本塁打を含む4安打。さらに9番馬場ひろと(3年)がこの2試合で3長打と当たっている。

 佐久長聖はここまでの5試合でわずか3失点と圧倒的な安定感。昨秋まではエース梅野峻介(3年)が1人で投げる試合もあったが、この夏に羽毛田聖也(3年)らが急成長。投手陣は厚みを増した。

 チーム打率は3割8分6厘だが、準々決勝、準決勝の2試合に限ると4割を超える。勉強に集中するため一時チームを離れていた楠悠磨(3年)が5番に戻り、2試合で6安打とチームを勢いづける。

 3年生52人全員がベンチ入りするという目標も準決勝で達成(記録員を含む)した。「甲子園がない夏だからこそ、いつもの夏ではできないことを」と藤原弘介監督。「決勝も全員で戦います」

 飯山は勢いに乗れば怖い打線。「爆発力」で堅守を崩せるか。チームとしてまとまりのある佐久長聖は我慢強い戦いができる。常田の疲れが出てくる後半勝負になりそうだ。(田中奏子)

 ■ここまでの戦績

【飯山】

2回戦 9―2長野吉田(7回コールド)

3回戦 10―5長野西

4回戦 9―3更級農

準々決勝 7―6岡谷南

準決勝 3―2上田西

【佐久長聖】

2回戦 3―1上田東

3回戦 7―0佐久平総合技術(7回コールド)

4回戦 3―0小諸商

準々決勝 15―0下伊那農(7回コールド)

準決勝 9―2東京都市大塩尻

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ