スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

青森)高校野球 8月9日

2020年8月10日03時00分

 東北各県の独自大会優勝校がトーナメント方式で争う「令和2年東北地区高校野球大会」(東北地区高校野球連盟主催、日本高野連後援)が9日、宮城県石巻市の石巻市民球場で開幕した。仙台育英(宮城)―一関学院(岩手)の開幕戦は降雨ノーゲームとなり、10日に順延。青森山田(青森)は鶴岡東(山形)と対戦し、1―4で敗れた。決勝は1日延びて12日になる。

     ◇

 七回表、1点のリードを許していた青森山田の小牟田龍宝(3年)はこの日三つ目の死球を与える。続いて鶴岡東の1番打者が打席に入った。初球。真ん中の直球をとらえた打球は右翼席に突き刺さった。2点本塁打。失投だったものの、自慢のストレートを打たれた小牟田は「相手が上だった」と脱帽した。

 中盤まで緊迫した投手戦となったこの試合。小牟田は伸びのある速球と縦に曲がるスライダーを武器に毎回の14奪三振。「高校生活の中で一番のピッチングだった」と自ら振り返った。

 一方、打線は相手を上回る9安打を放ったが、要所でつながりを欠いた。初回は連続安打で得点圏に走者を進めたが、後続が倒れ先制点を逃す。三回には先頭打者が二塁打を放ったが、バント失敗で1死。続く3番、4番打者も凡退した。

 序盤に好機を逃したことが、終盤に重くのしかかった。3点を追う八回、途中出場の高松武竜(たける)(3年)の適時打で一矢を報いたが、九回には力投を続ける小牟田が抜けた変化球をとらえられ、だめ押しの一発を浴びた。マウンド上でがっくり肩を落とした小牟田。「真っすぐで押せばよかった」と悔しさをにじませた。

 この大会も県大会同様、原則として無観客での実施となったが、ベンチからは仲間の大きな声が響き続けた。「最後までみんなあきらめなかったことは誇り」と小牟田。「いろんな人のおかげでここまでやらせてもらった。一球一球に感謝を込めて投げました」(藤谷和広)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ