スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

埼玉)高校野球 8月8日

2020年8月9日03時00分

 夏季埼玉県高校野球大会が8日、東西南北の4地区で開幕し、9球場で計24試合が行われた。昨秋県準優勝の西武台はコールド発進した。選手、保護者ら関係者に限り入場を認めるという感染防止を徹底した夏の大会。9日は7球場で15試合が行われる。

     ◇

 主将の一打が、硬さが残るチームを勢いづけた。

 一回裏1死二塁の好機。武南の永瀬力也主将(3年)は「先発投手の表情が硬い。楽にさせるため、主将として自分がなんとか先取点を取りたい」。こう奮い立たせ、左打席に立った。

 2球目は、警戒していた変化球ではなく直球。めいっぱいバットを振り、打球は左方向へ。適時打となり、目標の先取点をあげた。続く4番の加藤匡悟君(3年)の適時打で自らも得点し、初回に大量得点を得て試合を制した。

 永瀬主将の父、守男さんも同校の野球部出身。小学生のとき、父が草野球をする姿を見て野球を始めた。スイングで悩んだとき、相談相手は父だった。

 コロナ禍で休校中だったとき、練習相手になってくれたのも父だった。その間、磨いたのはスイング。納得するまでバットを振り続けた。

 「厳しいから頑張れよ」

 永瀬主将が入部を決めたとき、「先輩」でもある父からこう励まされた。最後の夏。両親を甲子園に連れていく機会はない。しかし、父からは「独自大会で活躍できれば、俺は十分だ」と声をかけられた。「そこで、輝け」。そう背中を押されて臨んだ初戦だった。

 2打席目も安打を放ち、3打数2安打と好調だ。この日は、ベンチ入りがかなわなかった3年生もいる。今大会は試合ごとに、20人のベンチ入りメンバーを入れ替えることができるため、永瀬主将は「接戦を勝てて良かった。3年生全員がベンチ入りできるように勝ち続けたい」。=県営大宮(宮脇稜平)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ