スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大阪)高校野球 8月8日

2020年8月9日03時00分

 令和2年大阪府高校野球大会(府高野連主催、日本高野連、朝日新聞社など後援)は8日、くら寿司スタジアム堺などで5回戦4試合があり、ベスト8がそろった。香里丘は延長十回タイブレークで3点を奪い逆転サヨナラ。信太は終盤に粘りを見せて延長十回に勝ち越し、汎愛を破った。大阪学院大は序盤のリードを守って天王寺を下し、関大北陽は昨夏4強の東海大仰星にコールド勝ちした。9日は準々決勝4試合がある。

     ◇

 「がんばれよ」

 天王寺のエース池田悠希(ゆうき)君(3年)は三回表、沢近晴貴君(2年)にボールを手渡し、マウンドを下りた。無死三塁とピンチが続いていたが、「絶対ゼロに抑えます」という後輩の言葉が頼もしかった。

 中学1年の時、クラブチームで硬式野球を始めたが、練習のつらさに耐えかね、秋にやめた。その後、学校の陸上部で運動を続けたが、テレビで高校野球やプロ野球を見るたび後悔の気持ちが押し寄せた。「自分は野球が好きなんだ」

 中学3年の夏、天王寺の練習試合を見た。威勢の良い捕手の声や想像以上の技術力。「ここなら勝てる」。天王寺の野球部を目指そうと思った。

 入部すると、ただ一人の左腕として投手に指名された。「もう後悔しないように、1日1日、全力で野球をしよう」と努力を重ね、昨秋発足の新チームからエースを任された。

 この夏まで、9回を投げ抜いた経験は練習試合での1試合しかなかったが、コロナ禍での休部中は自宅周辺の坂道を走り込み、夏への体力を蓄えた。

 延長十回タイブレークとなった渋谷との4回戦を含め、今大会の3試合はすべて接戦になった。池田君は全試合に完投して計348球を投げ、チームを勝利へと導いてきた。

 だが、5回戦を前に疲労感は強まり、肩に痛みを感じた。「限界を迎えているというのはわかっていた。でも自分がめげたら負けると思った」。いけるところまでいこう、とこの日も全力で臨んだ。

 直球に加え、スライダーやカーブといった変化球を駆使し、コースを突いて打たせて捕る投球が持ち味だ。だが序盤から高く浮いた球を大阪学院大打線に打ち込まれた。10安打を浴びたところで降板し、中堅手に回った。

 河島紘之(ひろゆき)監督は試合後、「初戦から4回戦まで投げ抜き、粘り強く、力以上のものを出してくれた」とたたえた。池田君も「まさかベスト16までいけるとは思わなかった。精いっぱい投げたから、悔いはない」と充実感をにじませた。(浅沼愛)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ