スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

石川)高校野球8月8日

2020年8月9日03時00分

 石川県高校野球大会(県高野連主催、朝日新聞社など後援)は8日、準決勝2試合があった。星稜は津幡にコールド勝ちし、日本航空石川は金沢商との1点を争う接戦を制した。9日に県立野球場で行われる決勝は、共にこの夏の甲子園の交流試合に出場するチーム同士の対決になった。

     ◇

 今大会3試合で1失点の星稜を打ち崩すのは至難の業。そう考えた津幡の先頭打者、大窪彪雅(ひょうが、3年)は、相手より先に好機を作り出すつもりでいた。「ここが一番大事な場面」。そんな思いで初回の打席に入った。

 放った打球は内野の失策を呼び、出塁。さらに、犠打で二塁に進んだ。

 津幡は自主性を重んじるチームで知られる。練習メニューや試合のメンバーも原則、部員たちが決める。自由に野球が出来る一方、結果への責任は重い。だから1年前に主将に就任した時は、「結果で、前の代と比較されてしまう」と重圧を感じた。

 だが、監督の北橋義仁(46)は「本当に強いキャプテンでした」と語る。今大会は先発6人が2年生。主力を外れた他の3年生らが野球への意欲を失わないよう、積極的に声かけしてきた。だから、そうやってまとめたチームが、昨夏同様に4強入りできたのはうれしかった。卒業生からも「次も頼む」と連絡が来た。

 しかし、3番堂端大和(3年)の遊ゴロで思わず飛び出し、三塁でアウトに。貴重な好機を生かしきれず、打線はその後、星稜の継投策に沈黙した。

 コールド負けの結果に、「星稜は選手層が厚く、レベルが高かった」。決勝進出の夢は、経験豊富な2年生が中心となる新チームに託した。=敬称略(三井新)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ