スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

福島)高校野球 8月7日

2020年8月8日03時00分

 福島2020夏季高校野球大会は7日、決勝で聖光学院が光南を完封し、優勝を決めた。コロナ禍で選手権福島大会が中止となり、県高野連が開いた独自大会。ノーシードで出場し、夏の「14連覇」を達成した。感染拡大を防ぐため、無観客となった異例の大会は幕を閉じ、聖光学院は9日に宮城県石巻市で始まる東北大会に出場する。

     ◇

 4点を追う三回表2死一、二塁。光南のエース国井飛河君(3年)は「これ以上、点はやらない」と心に誓って継投のマウンドに上がった。初球、チェンジアップで聖光学院の佐藤銀時君(同)を遊ゴロに仕留め、窮地を乗り切った。

 昨夏から背番号1。聖光学院に敗れた昨夏の福島大会準決勝は先発し、5回を投げて5失点だった。「3年の夏こそは勝ちたい」と、この1年は走り込みなどで下半身の強化に力を入れてきた。

 昨秋に身につけたチェンジアップは得意球となり、球速は10キロ増した。その成果もあり、今夏は準決勝までの5試合計24イニングに登板して無失点。この日も130キロ台の直球と変化球との緩急で、五回までは安打を許さなかった。

 六回、1死から4被安打で2点を失ったが「気持ちは冷静だった」。「飛河、がまんだ!」。時折、ベンチからのチームメートの声援が気持ちを落ち着かせてくれたという。九回表も三者凡退に抑えた。

 試合後、「去年の雪辱を果たせなかったのは悔しいが、色々なことがあった中、仲間とここまで来られた夏は最高でした」。赤い目で笑顔を見せた。(古庄暢)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ