スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

群馬)高校野球独自大会 きょう準決勝

2020年8月8日09時00分

 夏の甲子園中止に伴う群馬独自の「県高校野球大会」は8日、準決勝2試合が桐生球場である。いずれも無観客試合。第1試合で、昨秋の県大会優勝の桐生第一と、昨夏の群馬大会準優勝の前橋商が対戦する。

 桐生第一は準々決勝までの3試合中2試合で相手を零封。制球力が光るエース宮下、球威のある長田や蓼原ら計6人の多彩な投手陣で勝ち上がった。

 前橋商はここまでの4試合で計51安打と打線が絶好調。昨夏の決勝をベンチで経験したエース橋本も、安定感のある投球でチームを支える。

 第2試合は、昨夏まで群馬大会4連覇の前橋育英と、昨秋の関東大会覇者で明治神宮大会準優勝の健大高崎が対戦する。両校は2016年から18年まで3年連続、群馬大会決勝の舞台で対戦。いずれも前橋育英が勝利した。

 前橋育英は、昨夏の甲子園を経験した4番で主将の須永、直球最速140キロの武藤らが試合をつくる。

 健大高崎は、左腕エース下(しも)ら投手陣の継投で、3試合でわずか3失点。手堅い攻撃に加え、準々決勝では二塁打を計5本放つなど、長打力もある。

 予定通りなら、決勝は10日午前9時から上毛新聞敷島球場で無観客で行われる。(松田果穂)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ