スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高知)甲子園交流試合 明徳義塾、10日鳥取城北戦

2020年8月8日09時00分

 今春の選抜高校野球大会の代替となる「2020年甲子園高校野球交流試合」(日本高野連主催、朝日新聞社、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)が10日に阪神甲子園球場で開幕し、昨秋四国王者の明徳義塾は鳥取城北(鳥取)と対戦する。

 県高野連が独自に開いた2020県高等学校夏季特別野球大会で、明徳義塾は決勝で高知に敗れた。その敗北から2日後の4日、明徳義塾は交流試合に出場する尽誠学園(香川)と練習試合を行った。

 エースの新地智也(3年)は三回まで投げて無四球1失点。決勝戦の疲れが残る中でも安定した投球を見せた。六回に一挙5点を奪われると馬淵史郎監督が「このまま負けるのか。チャンスをつくって交流試合に勢いをつけろ」と気合を入れた。奮起した選手は七回に元屋敷大誠(同)の適時打、九回に今釘勝(同)の走者一掃の三塁打などで逆転し、7―6で勝利した。

 19回目の出場を決めた今春の選抜大会と2年連続の出場を目指した夏の選手権大会は新型コロナウイルスの影響で中止に。部員に動揺が広がるなか、代替となる県の独自大会と交流試合の開催が決まり、主将の鈴木大照(同)は「一からやり直して、悔いなく、最後まで頑張ろう」と仲間を引っ張った。

 高知との決勝では、守りが武器の明徳義塾には珍しく序盤に守備が乱れ、高知に2―3で惜敗した。決勝で完投した新地は「仲間に申し訳ない。次は自分が打たれて負けないようにしたい」と悔し涙を流した。鈴木は「守備の集中力、好機の1本が出せるようもう一度頑張り、明徳義塾らしい野球をする」と誓った。

 鳥取城北(鳥取)との試合は10日の第2試合。同校は昨秋の中国大会と今夏の独自大会で準優勝した。多彩な投手陣と強力打線が武器だ。

 明徳義塾の攻撃は、俊足で小技が得意な1番・奥野翔琉(3年)らが出塁し、長打力がある元屋敷ら中軸がかえすパターン。投手陣は、制球力が抜群の新地を中心に層が厚い。馬淵監督は「勝ちにこだわるのは変わらない。1試合を全力で戦う」。=敬称略(湯川うらら)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ