スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山梨)高校野球 8月6日

2020年8月7日03時00分

 「2020年夏季山梨県高校野球大会」は6日、山日YBS球場で3回戦3試合があった。甲府西は終盤の吉田の追い上げをかわし、富士学苑は身延との接戦を制した。帝京三は序盤のリードを守り、日川を下した。7日は同球場で3回戦2試合があり、8強が出そろう。

     ◇

 「守りで悪い流れをつくってしまった」。5点を追う五回、吉田の新田恭平選手(3年)は覚悟をもって先頭の打席に入った。

 真ん中付近の初球だった。迷わず振り抜く。打球はぐんぐん伸び、左翼席に飛び込んだ。高校に入り、練習試合も含め初の本塁打。ベンチはわいたが、硬い表情を崩さなかった。

 二塁の守備で四回までに4失策を重ねた。四回には失策で出た走者が本塁にかえる。思うように体が動かなかった。

 「ミスを気にするな」。仲間は何度も励ましてくれた。気持ちにこたえようと打席では集中し、七回にも左前安打を放つ。八回の守りでは、痛烈な二ゴロをきっちりとさばいた。

 三塁を守った桑原幹汰選手(3年)と二塁の守備を争ってきた。けが人が出たため桑原選手は三塁に回り、自らが二塁を守った。

 「桑原の方がうまいです」という守備で悔いは残った。それでも「本塁打を打てて、高校最後の大会で3試合スタメンで出場できて良かったです」。最後に笑顔を見せた。(田中正一)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ