スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大阪)高校野球 8月6日

2020年8月7日03時00分

 令和2年大阪府高校野球大会(府高野連主催、日本高野連、朝日新聞社など後援)は6日、大阪シティ信用金庫スタジアムなどで4回戦6試合があり、ベスト16が出そろった。汎愛と東海大仰星は相手を無得点に抑え、信太は港に逆転サヨナラ勝ち。関大北陽と明星は最少失点で切り抜けた。7日は8強入りをかけた5回戦の4試合がある。

     ◇

 「うーちゃん、いけー!」「回せ―!」。みどり清朋のベンチからチームメートの声が飛んだ。

 6番打者、牛谷友星(ゆうせい)君(3年)は本塁をバットでポンと一度たたいて構えた。九回1死無塁。両親、チームメート、指導者……。「大きいのを打つところを見てほしかった」

 4球目、外角低めのスライダーを豪快に振り抜いたが、バットは空を切った。望みを次打者に託し、ベンチに下がった。

 両親の影響で小学校からソフトボールに親しみ、中学から本格的に野球を始めてのめりこんだ。だが進学した高校の野球部でいじめにあった。

 1年の冬、みどり清朋に転校。すぐに野球部に入ったがいじめ体験がトラウマになった。周りの目が怖かった。もう野球はできないと、一度は部を離れた。

 2年生になり、同じクラスになった森山敬暁(たかあき)君(3年)が校外学習に向かう電車の中でいった。「いつ野球部に入ってくれるの?」。チームメートの一言で居場所ができた気がした。

 昨夏、再び入部すると、持ち前の長打力を買われ、直後の新チームから中軸を担うことに。今大会では打撃が振るわず、「気負わずに」という中留(なかどめ)孝監督の采配で、この日は打順を6番に下げて臨んだ。

 牛谷君は打撃フォームを見直し、4打数2安打と気を吐いた。だが、汎愛のエース児玉大輝君(3年)の好投で、チーム全体では3安打に封じられた。

 試合後のミーティング。牛谷君は、「チームメートに恵まれて、最後まで野球をすることができた」と、熱い涙を流した。

 素敵な友達に囲まれて、星のように輝くように――。そんな思いで両親がつけた「友星」。チームメートとの記念写真に収まると牛谷君の笑顔が輝いた。(浅沼愛)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ