スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山)高校野球 8月6日

2020年8月7日03時00分

 「2020 夏 高校野球和歌山大会」(県高野連主催、日本高野連、朝日新聞社後援)は6日、決勝があった。集中打を見せた智弁和歌山が10―1で初芝橋本を破り、選手権和歌山大会とは別大会ではあるが、4年連続の夏の優勝を決めた。

     ◇

 智弁和歌山の正二塁手で2番打者・綾原創太君(3年)が攻守で躍動した。

 五回表、内野安打に悪送球も絡み、無死三塁とされる。綾原君は当初定位置で守っていたが、1死となった時点で前進守備に切り替えた。「相手ベンチから『ゴロやったら1点や』と声が出ていた。ここは1点もやれんと攻めの姿勢で守った」。強いゴロが二塁へ飛んできたが、好捕して、そのまま本塁へ送球。突入してきた三塁走者を刺し、危機を救った。

 その流れのまま、裏の攻撃は智弁ペース。3点を加え、なお2死一、二塁で綾原君の打席。「僕はつなぎ役。長打は狙わず、次に次にという気持ちで打席に入った」。2―2で迎えた5球目、真ん中低めの甘い球を振り抜くと、左翼席へ飛び込む3点本塁打になった。「感触がよかったので、外野の頭は越えたかなと思っていた。一塁を回った直後、柵越えに気づいた」。ダイヤモンドを回りながら、顔をほころばせた。中谷仁監督は「つなぎ役として難しい打順をこなしてくれた。ひたむきに努力してきたご褒美として、最後に一本が出たんじゃないか」と話した。

 試合中はサングラスを着用している綾原君。昨秋の近畿大会で右目付近に打球を受け、目や鼻など5カ所を骨折して入院。後遺症で目に入ってくる光の量の調節が難しくなった。そんな綾原君のため、チームメートがお金を出し合い、サングラスを贈った。「僕がけがをした後、ベンチで『創太の分までやるぞ』と声が出ていたと聞いた。本当に良いメンバーで野球ができていた」と綾原君。

 このメンバーで野球ができるのは、甲子園での交流試合の残り1試合。綾原君は「全国の球児のあこがれの場所でやらせてもらえるので、隙のないプレーをして、勝ちにこだわりたい」と話した。(滝沢貴大)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ